★情報発信型ブログ★塾業界パラドクス★

情弱(情報弱者)は誰かの養分2


こんにちは、かまなびの小倉です。

 

今日は先日スマホ乗り換えを行ったときの話を書きます。

 

両親のドコモのガラケーの携帯を他社のスマホに乗り換えに行きました。

 

2台で7万円という見積もりをされました。

 

高っ!

 

実はこのとき別の場所でも見積もりしてもらっていたんですね。

 

その見積もりでは同じ機種で2台2万円でした。

 

だから2台で7万は高いと思ったのです。

 

それでその2万円の見積もりを見せました。

 

そうしましたら、担当者は奥で誰かと協議。

 

戻ってきた担当者は、同じ内容で2台2万円にできると言いました。

 

やっぱり!

 

さらに、ガラケーの下取りをすれば1万円値引き、翌日に契約の予約をすれば1万円値引きできるから0円で乗り換えができるというのです。

 

時間にして10分程度で7万円が0円になってしまいました。

 

もし他で見積もりしていなかったら、相場がわかりませんでしたからそのまま7万円で契約していたかもしれません。

 

このように情報弱者はどこでも食い物にされてしまいます。

 

塾業界でも「これだけの授業が必要ですよ。買わないと合格できませんよ。」と生徒・保護者に売り込む時期です。

 

かまなびでは、「塾なしで高校受験」というHPで「塾に頼らない高校受験の具体的な方法」を紹介しています。塾屋の商談対策にもご利用下さい。

続きを読む 0 コメント

スマホお泊りコース


昨日の記事の続きなんですけど、学校の勉強がわからないのがスマホ原因になっていることがあります。

 

僕の甥も夜中までやっているようで、次のような悪循環になっているとか。

 

スマホを夜まで使用

翌日寝不足

学校で眠い

塾でも眠い

成績不振

冬期講習申し込みへ

 

 

塾の授業を買うより、まずはスマホ制限したらいいんじゃない?と思いませんか。

 

 

成績不振の根っこの部分を変えていかないと。

 

 

かまなびでは成績不振者でスマホに原因がありそうな場合には、スマホを制限するようにしてもらってます。

 

成績不振者限定スマホお泊りコース

 

もう自分ではコントロールできなくなっているんですから、これぐらい劇的にやらないとと思います。

 
続きを読む 0 コメント

塾業界に商談の時期がやってきた(冬編)


こんにちは、かまなびの小倉です。

 

先日、姉から「塾で面談があった」という話を聞きました。

 

「冬期講習でどれを受講するか」という話だったようです。

 

それは面談って言わないよねと思いました。

 

以前「まなび堂」の村木先生も言っていましたが、ほんとそれは「商談」ですよ。

 

しかも商談をしていた人は、姉の子どもの勉強を教えているわけではないし、状況を知っているわけでもなかったようです。

 

だから、その商談相手は「ご家庭での様子はどうですか?」と聞いてきたようです。

 

まさに商談担当、授業担当の完全分業の結果ですね。

 

そもそも冬休みからスタートしなくてはいけない勉強って何だよと思ってしまいます。

 

中学生だったら、定期テストが11月下旬までに終わるのですから、その終わったときからすぐに必要な勉強スタートした方がいいでしょう。

 

どうして冬休みを待つ必要があるのか。

 

別料金で授業を販売できるから。これしか理由ないですよ。というわけで塾業界は商談のシーズンです。

続きを読む 0 コメント

コンビニ塾なら誰でも作れるってよ。


こんにちは、かまなびの小倉です。

 

塾の本音って見えないじゃないですか。うちはブログで本音を呟いてますけど、一般的な塾のブログの多くは建前の話ばかりです。

いいことばっかり書いてんなー。嘘つくなよ。とか思いながら読んだりしてます。
個人的に知っている人の塾だったりすると、「雇われ塾屋のときにやっていなかったくせに、あんなこと言ってるわ」と思うことも。
生徒集めるために綺麗事を書いてるんでしょうけど、「雇われてやっているのとどこが違うんだろう」と言いたい放題言っている僕みたいなタイプからすると思ってしまうんです。
だって、綺麗事を並べたいだけだったら、そんなことは会社がやってくれるんですよ。CMやチラシを勝手に作ってくれる。あとはそれになぞって棒読みしてりゃ、これほど楽な仕事はないはずなんですから。
自分で塾まで作って綺麗事並べ直すのって非常に効率悪い。
だから、どういう思考でわざわざ独立するのかよくわからないんですよ。その点にはすごく興味がありました。なぜ彼らは、大手のコンビニ塾からわざわざ独立してまで看板の違うコンビニ塾を作りたかったかのか。
と思っていたら、コンビニ塾らしきところから独立した人の本音が聞けるブログがあったのです。
読んでみると大変ためになりました。
ほんと、大手コンビニ塾の本質を突いています。
かまなびのブログではコンビニ塾をシステム的に問題視することが多いですけど、このブログの「ぴろ先生」はシステムを動かしている「人」の問題点をとくに指しています。
多くのコンビニ塾長はこういう思考なんだよ気をつけろよ。と反面教師的に教えてくれるのです。
ところで先ほど述べました「どうして綺麗事を並べ直してまで独立したのか」ですけど、この先生のブログを読んでちょっとわかった気がしました。
「こんないい加減なシステムや人達で回しているんだったら、俺でもできるじゃん。」ということなんでしょう。
いよいよコンビニ塾の人達も個人経営のコンビニ塾を作り始めたのです。
フランチャイズとかバカらしいね。こんな嘘っぱちのフランチャイズ契約に誰が金を払うっていうんだ、こんなの誰でもできるだろう。俺が証明したる!と。
ほんとコンビニ塾なんて誰でも作れますよ。みんなその度胸がないだけ。流れが向けば近隣のコンビニ塾から生徒がわんさか流れてくるでしょう。だって、コンビニ塾同士の場合、後にできた方が環境いいですもん。
生徒もたくさんいないので落ち着いて学習できますし、テナントなどの設備も綺麗ですから。しかも学習システム的には同じなんですから、環境の悪いコンビニ塾に通い続けるメリットはあまりないと思います。
「ぴろ先生」の塾も核となる生徒が来れば一気に流れは向くと思います。これだけ面白くブログを書ける才のある塾長だったら、「やる気スイッチ」のようなキャッチーなフレーズを駆使して惹きつけてるのでしょうから。
続きを読む 0 コメント

秋期講習なんてくだらないことやってるわ


こんにちは、かまなびの小倉です。

 

巷には「秋期講習」なるものをやっている塾があるらしいです。といっても、私が昔勤めていた塾のチラシがポストに入っていてそこに書いてあったことなんですけど。

続きを読む 0 コメント

千葉県中堅高校では現役でどれくらい日大・東洋大レベルに合格できるのか


先日、日本大学の合格率をまとめました。

 

今回は東洋大と日本大学の現役合格数の生徒数に対する割合をまとめてみます。

 

とくに千葉県の中堅高校(偏差値48~59)では、日大・東洋大は現役でどれくらい合格しているのでしょうか。

 

なお、「現役合格人数÷卒業生数」で以下のデータは計算しています。

続きを読む 0 コメント

冨里高校(第4学区・高校レポ)


★前期選抜について★

続きを読む 0 コメント

【最新4年分!】千葉県公立高校合格判定シート


続きを読む 0 コメント

日本大学合格率ランキング・千葉県高校編


続きを読む 0 コメント

土浦日本大学高等学校(附属高校レポート)


続きを読む 0 コメント

独協埼玉高校(附属高校レポート)


続きを読む 0 コメント

東洋大学附属牛久高校(附属高校レポート)


続きを読む 0 コメント

國學院高校(附属高校レポート)


続きを読む 0 コメント

歴史教材「修辞法」をご存知でしょうか。


塾に通わず高校受験のサイトで紹介していた歴史の新教材「修辞法」を作ったW早稲田ゼミ(北関東で勢いのある学習塾のようです)からダイレクトメールが届きました。5科目分の「修辞法」の販売を塾向けに始めたようです。 

 

関連記事→目で歴史のインプット

続きを読む 0 コメント

【高校受験勉強法】定期テスト勉強で入試レベルに引き上げよう


2学期のテストが近づいています(2期制だと終了しているかもしれません)。

 

高校受験生の場合、2学期のテスト内容は入試問題レベルまで取り組んでおいた方がいいでしょう。

 

なぜなら、入試前にまた復習する時間が取れないからです。

 

特に社会は、定期テストのタイミングで誰でも入試レベルまで演習できると思います。

 

「塾に通わず高校受験」のサイトでかまなびで使っているものを公開しています。入試問題演習積みたい方は、ダウンロードして挑戦してみて下さい。

続きを読む 0 コメント

中学受験しないパターンの下剋上小学生


小学生のお母さんからの塾への問い合わせがよくあります。

 

そのときお話するのが、「塾に通わなくても家庭でできることがある」ということです。

 

しかも小学生の場合には、中学生と違って

 

「定期テストに追われているわけではない」

「高校受験までまだ時間がある」

「(反抗期ではないので)親子一緒に学習することもギリギリ可能」

です。

 

それでは、具体的に何をどうしたらいいの?

 

というところを一度まとめておくとよいと考えて、新サイトの方で簡単ではありますが、まとめてみました。よかったら参考にしてみて下さい。

続きを読む 0 コメント

スタディサプリの授業が面白い件


塾なし高校受験というサイト作っている関係でスタディサプリの授業も視聴しています。

 

スタディサプリのボスは英語担当の関先生だ言われています。予備校業界では有名な先生で、英語関連の書籍も多数出版されています。

 

この関先生が、全国の実力派予備校講師をリストアップしてスタディサプリで引き抜いたらしいです。

続きを読む 0 コメント

塾に通わず高校受験

塾に通わずに勉強する具体的な方法をまとめたサイトを作りました。

 

塾に通えない子だけでなく、塾に通っているだけでは不安な場合に、どうすればいいかを具体的にまとめています。

 

市販の参考書・問題集、一般的に出回っている教材を使えば、高校受験できる環境が整ってきています。

 

ただそれらはあまりにも多すぎて、何をどう使ったらいいのかわかりにくいです。

 

かまなびでも、以前から紹介してきましたが、ここでもう一度整理しなおしみました。

 

参考にしてみて下さい。

続きを読む

実力テスト・模擬試験範囲まとめ


 最近ブログの更新ができていませんが、別の場所に新しい高校受験サイト(学習法中心)を作っているところなのでこちらの更新が滞っているのです。もう少ししましたら、公開できると思いますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 

 今日は過去にまとめた学校実力テスト関連の記事のリンクを貼っておきます。学習比重の調整に使ってみて下さい(学校の進度によって出題範囲はズレることがあります)。

続きを読む 0 コメント

日本の教育が心配だと感じている人が増えている?

かまなびの小倉です。

 

あっという間に夏休みが終わってしまいました。受験生達は、模擬試験の結果が返ってくるのを待っているところです。

 

ところで先日、僕が通っている美容院のオーナーからお手紙が届きました。

 

「渡欧するので、9月一杯で美容院をやめることになった」という内容のお手紙でした。

 

何があったの?と思いまして、最後のカットを予約しました。

 

そうすると、店主のSさん曰く「日本で子育てしたくないから」というのです。

続きを読む 0 コメント

関数が解けないならグラフをきちんと読もう


かまなびでは夏休み期間に関数をなんとかしようと比例・反比例、一次関数の復習をおこなっていますが、「関数」という単語を見ただけでめまいがする子が多い様に感じています。

 

わかりません!

 

と言ってくる生徒の大半は、問題文に添えられているグラフに何も書き込んでいません。

 

それって「グラフはどの数式を表しているのか」わからずに解いていることに他なりません。

 

まずは与えられた情報をきちんと整理するためにも、グラフに数式や数値を書き込んでおきましょう。

続きを読む 0 コメント

コンビニ塾は絶賛休業中!


コンビニ系個別指導塾で働いていたときはお盆が楽しみでした。1週間休みでしたから。
でも今考えると、よくお盆休みとれていたなと思います。
受験生目線で考えたときです。
だって、今月は模擬試験もあって、学校の実力テストもありますから休んでなどいられないからです。一番勉強させたい時期でしょう。
そういえば、お盆から入会したかまなび生は、お盆だけで30時間くらいやりましたよ。夏休みの今は、それぐらいがっつり勉強できる貴重な時間です。
ところが、今の時期は、まだ尻に火がついてないから、受験生でも自宅学習はあまりやらないんじゃないかな。
夏休みは休みが長いから、休みがインフレ起こしている感じで。ありがたみがなくなってしまうというか。
生活リズムも、夜遅くまでダラダラ起きていて、午前中は寝坊して寝て過ごしてる受験生も多そう。
そういう状況で、1週間休んで休み明けに宿題やってません。自主的に何もやってません。ってなったらと考えるとうかうか休んでられないです。
要するに今の時期は、受験生に自由時間あげてもろくなことがない。
ということでかまなびは、お盆も通常営業、早朝7:00~でやってます。
お盆の1週間分で遅れてる子は追いつきたいし、良いペースの子はもっと差を広げたいなぁ。
続きを読む 0 コメント

塾はサブ


中学生の募集が終了してからも、ありがたいことに問い合わせがあります。

 

何件か面談させてもらったのですが、学校の課題を終えていない状態で塾探している方が多かったです。

 

しかし、塾はあくまでサブですよ。

 

学校の課題のうち、自分一人でできるのにやっていないということは、塾以前の問題だと思います。

 

学校のことで自分でやれることを全て終えて、「もっと勉強したい」という場合に塾を探した方が効果が出ます。どこの塾でもそうだと思います。

 

千葉県の場合、誰でもどこかしらの高校には入ることができます。受験する高校のランクを下げればいいだけですから。毎年、公立高校の中にはかなり低倍率の高校もありますからそういうところを受験すれば塾など通う必要はないのです。

 

それでも塾に通って受験したいということであれば、やっぱり自分でできることを全てやりきってから塾を探した方がいい。

 

「自分の努力+塾のサポート」で「ワンランク上を狙う」のでなければ、進学塾に通う必要なんてないでしょう。

 

 

 

「何で塾に通っているのに成績が上がらないのでしょうか」という声を聞きますけど、多くの場合、学校のこと(自分でできること)がきちんとできていない場合です。

 

「成績」って「学校の成績」なんですから、まずは学校の先生の指示に極力したがった方がいいはずです。それに従わない、もしくは情報収集を怠っているとか。

 

塾で塾の勉強しても、学校の提出物や、学校のテストに合わせた勉強をしていないとプラマイゼロです。そんな塾の勉強は趣味みたいなもんです。

 

保護者の方達は「結果にコミット」していると思いますから、かまなびは、そういう塾以前の状況の場合にはもう一度考え直すようにお話しています。

 

 

来年度の中学生の募集は来年の2月に行います(小学生は若干名まだ募集しています)。実を言うとそこが一番かまなびには入りやすいです。

 

「自分では全く勉強しない」ような塾以前のケースでも入れることがあります。

 

ただ年度途中は勘弁して下さい。「どうしてもかまなびで勉強したい」という意欲の強いケースだけにしていますので(キャンセル待ちご希望の方は個別に対応させてもらっています。)。

 

かまなびでは、いろいろと受験に関する様々な情報をブログなどでも紹介しています。ちょっと不安がある場合には独学のサポートの相談も受け付けていますので、どうしてもお困りの場合にはご相談下さい。

続きを読む 0 コメント

【千葉県私立高校進学】学費が心配だけど、結果的に私立が良かったというケースもありそう

高校生からかかる学費が気になります。できれば公立高校に通って欲しい。

 

と多くの受験生保護者さんが言っています。

 

 

先日、実際にどれぐらい公立と私立で違うのかという記事が特集されていました。

続きを読む 0 コメント

学校の課題も進化してきた


中学の夏休みの宿題に今年は変化がありました。

 

PC・タブレット・スマホで学習する宿題です。

 

理科の宿題で出されていました。

続きを読む 0 コメント

千葉県在住者のオススメ穴場附属高校

偏差値50~55クラスの公立高校だと日本大学・東洋大学も現役合格は難しい現実

続きを読む 0 コメント

【千葉県高校受験】浪人比率ランキングからわかった女子高の良さ

今回も高校入試を数字から分析。

 

今回は「浪人比率」です。

 

千葉県にある高等学校の4年間の浪人比率を計算してみました。

 

あたり前かもしれませんけど、上位には千葉県内のトップ校が入っています。最高峰の大学を目指す学校は浪人比率も高くなるということでしょうね。

 

ですから浪人比率を計算すると、基本的に偏差値の高い高校が上位に来ます。

 

この数字を出してみて、注目したい高校がみつかりました。その高校を今日は紹介しておきます。

続きを読む 0 コメント

無料になるよどこまでも

先日、昔勤めていた塾のチラシが入っていました。夏休みに入ってのチラシだったので生徒集めに苦労しているのかな。

 

踊っていた文字は「無料」でした。自分が働いていたときは「無料」での宣伝はしてなかったんですけどね。


続きを読む 0 コメント

千葉県理系進学に強い中堅高校ランキング

将来、理系の進路でいきたい。という中学生もいます。

 

それでは高校ではどこの学校を選択するべきか。

 

理系なら国立大学がベスト、だから千葉県なら国立進学率の高いトップ校へ入った方がいい。

 

「それができるなら、そもそもそんな質問しませんよ」という状況の中学生たちがたくさんいることも事実です。

 

トップ校には入れないんだけど、理系の道にできるだけ近い高校選びをしておきたい。

 

というわけで、かまなび独自の計算方法で理系進学に強そうな千葉県の2番手高校をランキングにしてみました。

 

ランキング方法は、「東京理科大に現役で合格している生徒数の割合の高さ」でやってみました。

 

理由はいくつかあります。

 

●関東で理系志望者だと東京理科大は多くの受験生が受験する

●私大理系では難易度は高い

●文系の学部が理科大には少ないので、高校の合格実績はほぼ理系進学と判断できる

 

 

というわけで過去4年分の合格実績で集計してみました。

続きを読む 0 コメント

テスト→テスト→テスト

かまなびの受験生達は、授業がないのでテストばかりしています。

 

覚えてはテスト、覚えてはテスト。

 

単語、語彙、歴史などはみんなで競って覚えてもらいます。

 

理系科目も、数学の小問テスト、一次関数のテスト、理科の単元別テストしていますし、英文法も模擬試験の出題タイプ別にテストしまくってます。

 

かまなびは「アウトプット中心」の学習の方が脳科学的に効率がいいということで授業なしの塾として立ち上げまして、年数を積み重ねるごとに「アウトプット」のやり方がパワーアップしています。

 

インプット重視の塾では授業などで記憶に残りやすいように理解させることに重点をかけるのでしょう。

 

しかしそれは「一を聞いて十を知る」タイプには有効でしょう。優等生を集めて合格実績を競っているようなところはそれでいいのかもしれません。

 

演繹法っていうんですか。法則を理解して、それを応用してあてはめていく。

 

かまなびの場合は、それとは逆のアプローチで、とにかくテストして経験を積ませて、あとから全体を眺めさせる。帰納法ですか、この方が学校の授業でついていけないタイプには効果が出ると思うからです。

 

どちらが正しいとかそういうことではないんですけど、インプットにお金と時間をかけるのは効率悪いじゃん。というのがかまなびの基本スタンスです。

 

いろんなテストを実施していけば、生徒達も主体的に学習できてる感じもしますよ。割とみんな楽しそうにテストしてます。

続きを読む 0 コメント

受験前半戦は、学習量で負けたくない

早くも7月の夏休みが終わってしまいました。

 

時間を大事に使って欲しいので、かまなびの受験生達には、塾での学習時間をランキング形式で伝えています。

続きを読む 0 コメント

かまなびオリジナル教材販売サイトを作りました

かまなび生の受験勉強は、市販教材+塾専売教材+オリジナル教材で行っています。

 

市販教材と塾専売教材では、得点力アップにはなりにくい隙間の教材をたくさん作って生徒達をサポートしています。

 

遠方でかまなびに通えず伸び悩んでいる子ども達の話もよく聞きます。

 

そこで、かまなびオリジナル教材の販売専用のサイトを作りました。

 

以前より支払方法が選べるようになり、お求め安くなりました。

 

販売中の商品はまだ多くありませんが準備ができ次第リリースしていきます。

 

 

かまなびオリジナル教材販売専用サイト

続きを読む 0 コメント

情弱(情報弱者)は誰かの養分

先日、車が故障しまして、その点検でディーラーに持って行きました。

 

そうしましたら、

 

「ラジエーター全取り換えです」

 

「エアコンフィルター換えましょう」

 

「タイヤにヒビが入ってきているので交換しましょう」

 

と次々に提案され、「15万円になりますけど、どうしましょう?」と言われました。

 

車の子とはよくわからないので、「じゃあそれでお願いします」と言ったら、

 

「ありがとうございます!」って凄くうれしそうでした。

 

なんかその態度を見てたら、もしかしたらボラれてるのかもなと思いましたね。

 

だって、適正価格だったら、そんなに喜ばないだろうと思うからです。

 

そうはいっても、車に関しては情弱(情報弱者)ですから、対案も出せませんし、向こうの提案を飲むしかありません。

 

「結構です」と伝えたら、

 

きっと「このまま乗っていると危ないですよ」と言われるでしょうし。

 

このやり取りって、以前「まなび堂」のブログ記事「塾の夏期講習と車検が似ている件」にも書かれてましたけど、塾の授業(主に講習)の販売にも似ています。

 

塾屋「この高校に合格したいということですね。はいわかりました。そうすると、これとこれとこの授業も必要ですね。あとこれもできないとまずいな。どうしましょう、全部やると20万円になりますけど?」

 

母「ちょっとそんなに出せませんね」

 

塾屋「それでは、ここからいくつか絞りましょうか。うーんでもこの授業取らないと成績上がりづらいからなぁ。これとこれは仕方ないからはずしましょうか。そうすると全部で15万円です。」

 

母「じゃあそれでお願いします」

 

塾屋「ありがとうございました!」

 

専門的なことはわかりにくいので、「たくさん受講しないと」と思わされてあれこれ買わされてしまう。

 

いつだって情報、弱者は食い物にされがちです。

 

だからかまなびでやっている塾業界パラドクスというブログがあるんです。

 

情弱の人達を食い物にしている塾屋を叩いていく。

 

かまなびのシステムで受験勉強が完結してしまうと、授業を受けなくても合格できるということがわかってもらえると思います。

 

ほんとは独学で受験する子達もいるんですよね。あまり話が表に出てきませんから目立ちませんけど。

 

そういう子達がバンバン合格してしまったら、かまなびすら不要になることもあるでしょう。

 

学習管理すら不要な時代も来るのかもしれません。可能性としては十分あり得ます(そうなったときには、かまなびは違う形に変わっていくのでしょうけど)。

 

 

最近は映像授業を売る塾も増えてきてます。僕がかつて働いていた塾も映像授業推しているみたいです。

 

だけど、スタディサプリは1000円程度で使い放題ですし、「とある男シリーズ」の映像は無料です。授業受けたければ、そういうのを活用すればいいわけで、わざわざ塾まで出向いて映像授業受ける必要は全くないはずです。ここでも情弱の人達が囲い込まれてしまっているのでしょう。外に目を向ければもっといいものが、安く手に入るんですけどね。

 

 

このような塾業界の情報が出回れば、塾屋の非常識を一般の人達が気づけるようになるはずです。車の知識はちょっとわからないですけど、勉強に関しての情報はネットに全て転がっています。うちのブログもその1つです。誰かの役に立てていればと続けています。いよいよ1000記事超えそうです。

続きを読む 0 コメント

【ハズレなし】アマゾンで買ってよかったオススメ受験勉強マストアイテム6選!(文具中心)

※2017年7月更新

続きを読む 0 コメント

【千葉県高校受験】受験ガイド(受験冊子)まとめ


受験校を決めるシーズンになりました。

 

最新の受験冊子(受験ガイド)が6月から書店に並び始めています。

 

塾屋の視点でこれらをまとめてみます。

続きを読む 0 コメント

長いようで短い夏休みが始まった。カウントダウン開始!


夏休みが始まりました。以前のブログで、かまなびで中学生は最大216時間勉強できるとお知らせしました。

 

かまなびは通い放題なので、どの中学生もやろうと思えば勉強しまくることができます。

 

とはいえ216時間はかけがえのない時間です。長いようであっという間に過ぎてしまいます。

 

そういうわけで、学習時間のカウントダウン始めました。

続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校入試情報】2018年の公立高校入試前期選抜の2日目検査が確定!噂の幕張総合の検査は?


総進図書さんのHPで前期選抜2日目の検査内容が発表されました。

 

 

ニュースにもなってしまった幕張総合高校の前期選抜2日目の疑惑の「自己表現」は

 

「面接」になりました。

 

ということは、実技での検査がなくなるのかな。

 

もっとも、これまでも「実技での自己表現」といっても「検査当日の実技はお遊び」だというようなことを過去の受験生が言っていました(その生徒は、以前から高校の部活動の練習に参加していた)。

 

報道にもあったように「事前に部活ごとにリスト作っていた」ということですからね。

 

疑惑の自己表現はなくなりましたけど、選抜方法は変わっていないのかもしれませんよ。

 

だって、面接の得点を「部活実績」のある子に優遇すれば、結果的に同じことになりますから。

 

幕張総合に関しては、部活実績と高校でも部活を継続する人が優遇されることに変わりはないと思います。それが期待できない受験生は、後期選抜になる覚悟で臨むか、前期選抜の得点力をつけるかのどちらかでしょう。

 

現時点では不透明であることに変わりはありませんから、悩んでいても仕方がないので受験生は勉強あるのみです。

 

 

 

その他の高校で気が付いたことは、

 

「普通科」の検査で「適性検査」だった高校が「自己表現」「面接・自己表現」に変わったことです。

 

つまり、「適性検査」は専門学科で行われる検査に統一されたようです。

 

「普通科」の「適性検査」ってどういうこと?ってなったのでしょうね。

 

 

「普通科の適性なし」となったら詰んでしまいますし・・・

 

 

各校の細かい入試要項は夏頃に出るのかな。幕張総合のが特に気になりますね。面接の配点が明示されるのか否か。

続きを読む 0 コメント

コンビニ系個別指導塾のブラック話がなくならない

今日、テレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」で大手の個別指導塾の新卒内定者に対するパワハラ事件の報道がされていました。

 

「殺すぞ」と脅しながら新人スタッフの教育をしていたようです。

 

★「殺すぞ」「ふざけんな貴様コラァ!」専務が内定者面談で恫喝、元九大生の1年を棒に振らせた個別指導塾スタンダードのブラック指導 My News Japanより★

 

★個別指導塾スタンダード 暴言報道テレ朝 ZAKKI LOGより★

続きを読む 0 コメント

雑誌で取り上げられたから何なの?


自宅の最寄り駅の近くに見慣れない塾があったのでチラシをもらいました。

続きを読む 0 コメント

【かまなび的国語学習】語彙力カードバトル中学編


国語が苦手。読解ができない。

 

そんな相談を受けるのですけど、これまで読書をしてこなかったりする生徒の場合、読解力以前に「語彙力」がないということがありますね。

 

ことばを知らずに文章を読んで解いていくというのは、ウルトラC,かなり無理があります。

 

読書もしてほしいですが、まずは語彙力をつけましょう。ここをおろそかにして進めることはできません。

 

かまなびでは、受験生全員に文英堂「国語力を伸ばす 語彙1700」を配布して宿題に出しています。

 

この教材のいいところは、特殊な赤シートです。上部が黒く消されている赤シートです。今までありそうでなかった赤シートです。暗記するのに非常に使いやすいと思ってかまなびで公式採用することにしました。

続きを読む 0 コメント

授業売買でやる気スイッチがオンからオフへ!


定期テストの結果が返され、順位などが生徒達に通知されています。もうすぐすると通知表も返されます。

 

あまり思った以上に点数が伸びなかった子達は「次のテストで頑張る。だから夏休みは勉強しまくる」と言っていました。

 

かまなびだとこれは当たり前の光景です。

 

なぜなら、かまなびでは授業を買わなくても学習できるから。

 

これ非常に重要です。

 

以前、大手の学習塾に勤めていたときは、そういう声は小数でした。

 

成績上げたい!

勉強しよう!

塾で勉強するには授業を買わないと!

保護者の了承が必要

なんだかめんどくさい

 

 

つまり、「勉強しよう!」と思ったときにすぐに始められないと「気持ちも薄れてしまう」んですよ。

 

授業を買うって、何を買えばいいの?というところから始まり、保護者の了承を取り付けないといけない。あぁめんどくせー。もういいや。

 

 

特に夏休みなどの講習時期などはめんどくさいですよ。

 

何買うかとか話している時間がもったいないと思いませんか。

 

必要なことは全部勉強した方がいいに決まっているだろ。

 

というのが僕の考えです。

 

 

 

テストが返ってきて、ここを強くしたいとわかったのであれば、その日から勉強をスタートした方がいい。

 

 

かまなびでは「思い立ったらすぐ勉強」できることを子ども達もわかっているので、「前向きな発言」が飛び交います。

 

 

保護者の方達には「どういうことを勉強しているのか」という話は届きづらいですけど、それは成績で返せばいいと思っています。

 

 

保護者の了承を得るのは入会するときだけ。あとは完全に任せてもらっているので、子どもと相談したらすぐにスタートすることができます。

 

 

繰り返しますけど、授業の売買って、子どものやる気スイッチを確実にオフにしていくやりとりですよ。授業中心の塾から独立して4年目ですけど、これだけは確信しています。

 

授業を買った後で、スイッチオンにさせればいいじゃないか。わかりやすい授業で。

 

というのは効率悪すぎ。塾業界では誰も言わないことですけどね。

続きを読む 0 コメント

【かまなび的国語学習】団地ともお作文


国語専科教室の工藤先生考案の「コボちゃん作文」「ロダン作文」など「マンガを使った要約トレーニング」は作文嫌いの子ども達でも前向きに取り組める教材です。

 

 

他にも要約で使えそうなマンガで紹介したいの小田扉さんの「団地ともお」です。

 

●主人公は小学生なので親しみやすい

 

●テレビでやっていたので知名度も高い

 

●ギャグが入っているので面白く読める

 

●ほっこりする話も入っている(ちびまる子ちゃんでもときどきありますよね)

 

●要約する場合にはギャグの部分を省いて主題を捉える作業になるので情報の取捨の練習ができる

 

このような理由から「団地ともお」も要約トレーニングに向いていると思います。コボちゃん作文などと併せていかがでしょうか。

続きを読む 0 コメント

夏休み、かまなびで中3は何時間勉強できるのか→216時間!


夏期講習の時期が近づいてきていて今年も塾のチラシが入ってきています。

 

夏休みに全部で何時間勉強すればいいのか。

 

これについてかまなびの近隣塾で「100時間」としているところがありました。

続きを読む 0 コメント

ママが繊細チンピラ?!


先日、うちの姉から聞いた話です。

 

姉は小学生対象の放課後デイサービスの仕事をしています。

 

その際に、小学生達と公園に遊びに行くことがあります。

 

 

その日は、夏日でした。

 

子ども達は水鉄砲で遊び始めました。

 

そうすると幼稚園前ぐらいの子どもが、水鉄砲で遊んでいる小学生たちのことを見ていました。遊ぶ友達はいないようです。

 

その子どものお母さんは隣でスマホをいじっています。

 

姉が連れて行った小学生の水鉄砲の水が、その子どもの服にかかってしまいました。

 

そうすると、そのお母さんが姉のところにやってきて

 

「水がかかったんですけど!」と文句を言ってきました。

続きを読む 0 コメント

南船橋がいつの間にか津田沼レベルの本の街になっていた件


先日、ふらりと南船橋に行ったのですけど、そうしましたらvividに「ジュンク堂書店」ができていました。売り場面積はかなり広いんじゃないですか?ららぽーとにも「くまざわ書店」が入っていますから、南船橋に行けばだいたいの本が手に入りそうです。

続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校受験】数学至上主義にならないようなもぎの失点分析


塾で数学を受講している人って多いですよね。特にコンビニ系個別指導塾は、ほとんどの人が数学を受講しているはずです。数学だけって子も結構います。

 

理由は「一人でできないから」なんでしょうけど、教える側も教え方のはっきりしている「数学」を教えたがります。教材に沿って教えていけばいいですからね。教材が反復しやすいように上手に編集されているという事情もあります。

 

定期テストはそれで足りるかもしれませんけど、入試だとどうなんだろう。というのが僕の考えです。

 

ご存知の方も多いでしょうけど、千葉県の数学の入試問題って「易しい問題と難しい問題が二極化している」と言われています。

 

その結果、そこそこの点数取る子は多いのですけど、高得点が取りづらい現象が起きています。

続きを読む 0 コメント

明日は我が身


かまなび第二教室を作っている関係で、かまなびの入っているビルのありとあらゆる棚や引き出しの整理をしていたのです。

 

そしたら、こんなプレートが出てきました!

続きを読む 2 コメント

講習用教材というプレミア感に騙されてる


講習用教材の案内が塾専売の教材会社から送られてきます。

 

かまなびでは、講習がないので、そういった案内やDMはすぐに捨ててしまいます。

 

だって夏休みにだけ使う教材とかいらないから。

 

生徒に渡すのだったら、年間通して使えるもの、受験まで使えるものを渡したい。

 

塾業界では夏休みなどの長期休暇に講習をするのが常識になってますから、それに合わせた教材を教材会社が作るのでしょう。

 

しかしながら、講習ありきで作られた教材は、その程度のレベルでしかないんですよね。売れるから作っているだけで、必要だから作っているというわけではないから質は低くなりがち。

 

 

塾に通っている子は、塾から通年教材をもらっています。

 

講習では新たに授業を買うことになります。

 

そのときに「使用する教材は、普段使っている教材です」となったらどうでしょう。

 

講習を買う必要がないのでは?と疑問を持たれてしまいます。

 

続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校受験】Vもぎの出題範囲と学校の実力テスト出題の比較(6月~7月)


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校受験】Sもぎの6・7月は出題形式に注目(Vもぎとの違い)


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校受験】6~8月のVもぎはここが出されると予告されているので重点学習しておこう!


いよいよ今年度のVもぎが始まります。

 

Vもぎを、準備せずにぶっつけで受験する生徒が毎年多くいます。

 

それでも構いませんけど、これからの受験勉強、どこから勉強していけばよいか悩むようでしたら、Vもぎで指定された出題範囲に合わせて復習していくのはどうでしょうか。

 

案外見落とされがちなVもぎの出題範囲。塾の先生もアドバイスしてくれることはほとんどありません。

 

ポイントは、それぞれの月の出題範囲を比較することです。

 

6月~8月までの出題範囲を比較してみると、英語・理科・社会に特徴があります。国語と数学はほとんど出題範囲が変わらないのと対照的です。

 

 

続きを読む 0 コメント

国語再考(4)


前回のまた続きを追加して書いてみたいと思います。

 

今回は、工藤純一先生の「国語のできる子どもを育てる」を読みおりまして、気になった箇所を紹介していきます。

 

衝撃の一文がありました。

続きを読む 0 コメント

過去問サンドイッチ学習法


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

国語再考(3)


前回の続きです。

 

工藤順一先生の書籍を読んでいて、かまなびでも国語を中心としたプログラムで小学生の指導を行いたいと考えるようになりました。

 

かまなびでは、

 

●「読み聞かせ」から「ひとり読み」、「本の紹介文・感想文」トレーニング

 

●工藤順一先生考案の「コボちゃん作文」「ロダンのこころ作文」などの4コマ~8コママンガを要約する作文トレーニング(のちに本の要約へ)

 

●「本当の国語力」を使ったトレーニング

 

●語彙力アップ教材いろいろ

 

をスタートの4本柱に据えて、国語を本格的に指導していこうと考えています。

 

 

 

もっとも、この国語中心の学習に据えますが、普段のかまなび小学生が行っている以下のプログラムも併せて行います。

 

●小学校で出されている課題

 

●小学校のテスト勉強

 

●「ひとりで学べる算数」を使った算数の予習・復習

 

●中学受験レベルの計算練習(□を使った式の処理)

 

●「プログラム学習」を使った英語学習(小学生のうちに中学1年生レベルの英文法と単語をマスター)

 

 

 

そうすると、小学生の学習量がかなり増えてしまうので、月水木金3:00~6:00としていたかまなび小学生の学習日時を増やす必要が出てきます。

 

 

そんな折、かまなび拡張の話が来ました。かまなびの教室があるフロアの奥の部屋が空くというのです。

 

これなら、6時以降も小学生が勉強できる環境を提供できます。お迎えが来るまで勉強していくということが可能となるでしょう。

 

というわけで現在、小学生のプレミア学童プログラム作りの準備をしています。

続きを読む 0 コメント

国語再考(2)


前回の続きです。

 

で国語の教育はどうかというと、学校の授業で国語が好きになったり、本を読むようになったりという話はあまり聞きません。

 

塾の方では、本当の国語力の福嶋先生が「試合にばかりさせていて、パスやドリブルの練習をあまりしていない」と指摘しているように、「読解問題をいきなり解かせる方式」をとっていることが非常に多いと思います。

 

だから塾の授業を受けていても国語ができない場合にはなかなかできるようにならなかったりします。

 

それで福嶋先生が重視している「言いかえる力」「くらべる力」「たどる力」のトレーニングをかまなび生達もやっています。

 

この力をつけてから徐々にレベルを読解問題へと引き上げるようにしています。

 

 

続きを読む 2 コメント

国語再考(1)


国語の読解ができない

続きを読む 0 コメント

Vもぎ偏差値ランク3年間の推移


先日、Vもぎの偏差値ランク表が届きました。

 

たまたま過去3年分のランク表があったので並べてみたところ、偏差値が上がったり下がったりしている高校があったので今日はそれをまとめておきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

千葉県公立入試の「前期後期制」は無謀な受検に利用されている?!


先日、総進図書主催の高校入試の結果報告会が行われました。

 

そこで聞いた興味深い話を少々。

 

千葉県の公立高校入試の制度である「前期後期制」に関しては、以前から書いてますけど「しばらくは前期後期制」で変わらないだろうという話でした。

 

変えるには、そのための話し合いをかなりやらないといけないのですけど、年に2回ほどしか開かれていないという状態で、それだけの話し合いでは当分変わらない。少なくとも現中2生までは変わらないだろうということでした。

 

それはさておき、その前期後期制なんですけど、2回受けることができるということで、前期入試で無謀な受検をする人が結構いるのだと総進図書の担当の方が言っていました。

続きを読む 0 コメント

流山おおたかの森高校のスクールライフ情報

制服の身だしなみ指導に力を入れている!

服装などの身だしなみの指導に力を入れているので、落ち着いた印象。以前はあまり評判の良くなかった同校だが、最近は、地域の評判も良くなってきており、地元の中学生の受験者も増えているようです。

 

なお、制服については他校から「かわいい」と言われると生徒達が言ってましたよ。

 

 

続きを読む 0 コメント

流山おおたかの森高校は、英語とコミュニケーション好きに向く!

あいさつのできる元気な子達が通っています!

 高校に着いて、まず生徒達が「こんにちは!」声をかけてくれたことに驚きました。何回か高校見学していますが、とても雰囲気が良い高校でした。最近人気があがっているのも納得できますね。

 

 先生が応接室で高校のことをたくさん教えてくれました。その後、校内の見学をさせてもらい、その流れで演劇部の練習を見学。その際に生徒達から高校のことをたくさん聞くことができました。

 

 こういう生の声をたくさん聞けるのが、季節外れの高校見学会の旨味です。2時間くらいじっくりと見学させてもらいました。

 

 それでわかったことを、今後の受験生に向けてまとめおきます。

 

 

続きを読む 0 コメント