★情報発信型ブログ★塾業界パラドクス★

続・私立文系対策コースについて


続きを読む 0 コメント

【新設!】かまなび私立文系対策コース


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【随時更新!!】2019得点調査アンケート公開中!!


続きを読む 9 コメント

【最新のハイスペックコードレス掃除機の紹介】綺麗な環境で勉強!掃除重視してます!


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【的中!】2019年千葉県公立高校入試 出題予想的中まとめ!


続きを読む 0 コメント

【更新しました!】平成31年千葉県公立高校入試 後期選抜各紙まとめと受験生アンケート


スポンサーリンク
続きを読む 2 コメント

【社会の追込み完全版!】最新!千葉県公立高校入試 得点リターンの高い学習ポイントまとめ!


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【合格者に捧げる】高校生のスタート学習のヒント

スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【完全的中狙う!】2019千葉県公立高校入試後期選抜 理科の出題予想!


続きを読む 0 コメント

かまなび新年度生募集のお知らせ


明けましておめでとうございます。かまなび代表の小倉です。

 

2019年度の新規会員募集のお知らせを致します。

 

2019年度の募集人数は

新中3生5名

新中2生2名

新中1生7名

新小学5・6生若干名です。

 

定員に達した場合にはキャンセル待ちとなります。

 

ここでかまなび の取組を紹介したいと思います。

 

かまなび は定額制の通い放題というシステムのわかりやすさだけがウリではありません。一般的な学習塾よりかなり進んだ分析と学習サポートを行なっています。

 

*通塾時間、通塾日、料金などのシステムに関しては→かまなび とは を参照して下さい。

 

他の塾が授業をウリにしない代わりの学習環境がかまなび には揃っています。

 

続きを読む 0 コメント

【今年も当てます!】2019千葉県公立高校入試前期選抜 理科の出題予想!


【完全的中狙う!】

2019千葉県公立高校入試後期選抜 理科の出題予想!

続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校入試】新傾向英語リスニング対策


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

『才能』を支える理想的な家族とは


続きを読む 0 コメント

『才能の正体』とは。ビリギャル著者「坪田信貴」先生に会いに行った。


続きを読む 0 コメント

【高校入試面接対策】ロジカル面接術


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【最終追い込み】英検3級対策のまとめ記事を更新しました!


スポンサーリンク
続きを読む

【千葉県公立高校受験情報】平均点が低くなるときの科目ごとの傾向とその対策


続きを読む 0 コメント

塾要らずの「Manavi」で学べ!


秋が近づいてきますと、全国高校入試問題正解、通称「TEL帳」の季節ですね。

 

問題演習をガンガンやりたいという成績上位生にはぴったりの教材です。

 

 「高校入試対策」と言われている教材の多くは全国の過去問を編集したものです。

 

ですから、編集なしで解答と解説があれば解いていけるのであれば、全国高校入試問題正解(TEL帳)で事足りてしまいます。

続きを読む 0 コメント

全国高校入試問題正解の進め方事例


今年も全国高校入試問題正解が発売されています。

 

電話帳、TEL帳と呼ばれている過去問集です。

続きを読む 0 コメント

【学習管理】高校受験 学習記録帳


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校入試】受験前半戦(7〜9月)の学習戦略を知りたくないかい?


スポンサーリンク
続きを読む 4 コメント

【最新版!】文化祭情報まとめ


続きを読む 0 コメント

合格体験記の裏側


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校受験情報】6月~7月に行われる模擬試験比較まとめ


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

全国高校入試国語マガジンをはじめました。


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校入試情報】かまなびで高校入試説明会開催


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

東洋大牛久高校を見学してきました


続きを読む 0 コメント

国分高校を見学してきました


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

2018千葉県高校入試関連ニュース


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

やる気も成績も必ず上がる家庭勉強法


続きを読む 0 コメント

【今日は塾民地支配祭りだぞ!】塾を辞めると言ったら脅された話


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

【塾に頼らない学習習慣をつけるには】→4月中に1学期の予習を一気にやりたい


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

本日から、かまなびの新年度がスタートします


新年度のかまなびが本日スタートしました。

 

本年度から、かまなびのテナント拡張に伴い、募集定員を10名増加させることになりました。

 

そのため新年度の新規会員の募集を4月度も行います。

 

特に鎌ケ谷市の中学の場合には、4月中旬に実力テストがあり、5月中旬に中間テストが行われます。4月度からこれらのテストに向けた学習準備をしましょう。

 

ご検討中の方は体験学習の事前面談の申込を行って下さい。

体験学習の事前面談の申込はこちらから

続きを読む 0 コメント

学習webサポートの受付を開始しました。


要望の多かった通塾しない形態での学習サポートが4月からスタートします。

 

概要が決まりましたので、塾をやめる学校の方に記載しました。申し込みも塾をやめる学校で受け付けしています。ご希望の方はご利用ください。

 

 

続きを読む 0 コメント

公立中高一貫校から受験するという選択


続きを読む 0 コメント

2018千葉県公立高校入試 得点調査結果公開中!

★9月21日更新!!★

続きを読む

独学スタイル確立の重要性


こんにちは、かまなびの小倉です。先日、かまなびの卒業生のR君が遊びに来ました。

 

R君は、かまなび第一号の生徒です。そのとき彼は中3でした。イスも机も教室にほとんどなかった時期に通っていたかまなび一期生の一人です。設立当時の高校受験生が、もう大学受験だったというのですから、月日が経つのはあっという間です。

 

R君は、大学受験の報告で来てくれました。

 

しかも第一志望の早稲田大学に合格したというのです。MARCH系の大学も合格したということで合計13個も受かり、母校の合格実績に貢献したのだそうです。

 

それは優秀な高校だったのだろうと、同じ学校の他の子達はどうだった?と尋ねたところ

 

「受験校全滅して浪人になったり、希望の大学の合格は出なかった子達がほとんだった」と。

 

ということは高校が優秀だったというより、R君のやり方が良かったのかもしれません。

 

 

 

R君は、「学校の友達はみんな予備校に通っていたけど、自分は最後まで通わなかった」と言います。

 

 

高2になってR君がかまなびに来た時に「予備校に通った方がいいのか?」という質問をされたことがあります。

 

そのときに僕は「かまなびのときのように自分の勉強をした方がいいよ。本屋で使える参考書や問題集がたくさんあるんだから」とアドバイスしました。

 

 

 

話を聞いていると、予備校組は「あの先生がいい」など話していたそうですから予備校情報に振り回されていたということもあるかもしれません。先生のLIVE授業を追いかけて、首都圏の予備校を回ったりすることもあるみたいです。予備校通いだけで勉強した気になっていたということもあります。

 

 

R君はそういう予備校情報には振り回されずに、自分の勉強を確立していきました。

 

 

使った教材は書店で選んだ市販教材と大学の過去問です。たったそれだけ。予備校通いの友人達は「早慶対策」みたいな表紙の「いかにも受かりそうな」予備校教材を持っていましたが結果はついてこなかったようです。

 

 

センター試験の過去問もやりこみ、第一志望の早稲田の過去問は17年分やったと言っていました。マーチクラスの過去問もほとんどやったようです(もっとも過去問をやれる状況にない人が過去問を回しても効果は薄いので「過去問だけやれば受かる」という意味ではありませんよ)。

 

 

 

このように市販の教材をやり込んだり、過去問に時間を割くことができたのは、予備校などに拘束されることがなかったからでしょう。予備校通いの通塾時間もありません。自習席の取り合いのような無駄な労力も使うこともないのです。

 

自分の勉強にだけ時間を割くことができるのが、予備校に通わないメリットです。

 

 

高校受験でも、かまなびでは授業がないんですけど、目標達成に全く支障がなくやれています。それぞれが自分の学習を進めるだけで何ら問題がないという。

 

自分で進められる教材を用意して、学習のベースを作り、過去問を解いて解説を理解できるレベルまで引き上げる。

 

塾では、学習時間を増やすことを伝えたり、問題の出題分析して直前の学習法を考えたり、学習の補助教材を作ったり。そういった自分だけでは気づきにくいところに気が付いてサポートしてあげるだけでいい。独学補助とでもいいましょうか。

 

かまなびでの高校受験を通して、独学スタイルを確立できるようにしてほしいとR君の話を聞いて思いました。

大学受験になったときには、独学の補助がなくても自分でできるように。

 

 

いい話を聞けたということでR君には回らないお寿司を奢ってきました。ともあれ、合格おめでとう!

続きを読む 0 コメント

【Amazonギフト券プレゼント!】今日から塾民地支配祭りだぞ!


続きを読む 0 コメント

新高校生の3大・学習環境を比較してみた

★2018年3月11日追記しました


続きを読む 0 コメント

2018年 千葉県公立高校入試理科の予想結果


続きを読む 0 コメント

2018年からかまなびでは英検対策を本格的に始めました


英検の合格発表が出されました。

 

かまなびでは、これまで任意で受検者のフォローしていました。

 

そうすると、結構な人数が受検するんですね。だったら今年から原則的に全員受検しようということになりました。

 

それで昨年の12月から、単語暗記→年明け過去問実施→単元演習→過去問演習という流れでやってみました。

 

そうしまたら、ご近所鎌ケ谷中学のかまなび生での受検者は全員一次試験を無事に合格できました。

 

「英語が苦手」「定期テストでも平均点以下」「通知表では2に近い3」の生徒でも中2の冬に英検3級の一次試験突破できたのです。

 

とても喜んでいました。

 

もっとも英検って点数クリアできるように練習すれば、あまり英語ができなくても合格できるんですよね。

 

実際に英検3級って中学英語卒業レベルに全く到達していなくても受かることができて、だから小学生でも受かったりしています。英文法などほとんどわからなくても努力すればクリアできてしまって、英検持っているのに学校のテストできないなんてことはよくあるんです。実際に後述の合格者の得点推移をみても英文法のところはほとんどできていません。

 

とはいえ、英検3級でも不合格の人は結構いますから、受かればうれしいものです。英語に少しでも自信がつくならばということで、かまなびでも今年から本格的にフォローするこにしました。

 

 

私立高校の推薦で通知表を1ポイント優遇されたりということもあります。だから通知表の英語でいつも3の生徒には絶対に合格して欲しいと思っていました。

 

ところで、中3になって、高校受験を意識して6月や10月まで英検受検する人も多いです。

 

しかし、その時期は「学校の定期テスト」や「受験勉強」で忙しいのです(特に3学期制ではもろに試験日と重なってきます)。

 

受かるかどうかもわからない英検に時間をかけている余裕はないのです。通知表の英語3が2にでもなったら英検で受かって1ポイントもらっても仕方ないですし、英検不合格で通知表まで下がったら、ほんとうに最悪ですから。

 

ですから、かまなびでは2018年から「中2の1月に英検3級までは受からせてしまう」という目標を立てました。

 

そういう理由で年末年始で英検対策やることになったんです。

 

 

 

 

ここからはかまなび生の英検対策の推移を紹介します。このレベルでも合格に持っていけるという希望になればと紹介します。

 

かまなびでは後述のように得点率を分野ごとに算出して、配点の高い弱点分野を補っていくという作戦を取って練習を重ねました。

 

紹介する合格パターンの2つは、年明けの1月8日時点で過去問得点率が30%だった最悪のスタートだったケースです。

 

英検3級の合格は2018年の1月19日実施の検定が約67%でしたから、全く届いていない状況でした。

 

冬休み前に英単語は500語くらい覚えさせたんですが、過去問やらせてみても初回はこんな程度でした。

 

ほとんどできていない状態でも最低限の単語力があれば10日ぐらいでなんとかなるようです。

続きを読む 0 コメント

塾屋の生きる道(千葉県公立高校入試・前期選抜理科予想しました)


かまなびの小倉です。今日は塾業界のお話から。

インターネットとスマホが進化して塾業界も状況が変わってきています。

一昔前だったら、大手塾や長くやっている塾に通った方が有利でした。

入試情報、教材などでそういう老舗の塾に圧倒的なアドバンテージがあったからです。

ですが今はどうでしょう。

入試情報はネット検索すればだいたいのものはすぐに手に入ってしまう。

最近、他県や、千葉県でも塾のある鎌ケ谷市以外からの問い合わせをよくもらいます(設立当初は、折り込みチラシを自作して、自転車に乗って近所のポストに入れて、近所の子ども達だけだった頃が懐かしい・・・)。

 

ですから、他の地区の入試制度や入試問題を調べたりするんですけど、これがほんと30分くらいでできてしまう。

 

入試制度はネットで調べれば、誰かがまとめてますからすぐにわかります。

 

続きを読む 0 コメント

追記:千葉県公立高校入試の面接の評価について考える


以前書いた千葉県公立高校入試の面接についての記事について追記しておきます。

 

先日、次のような質問をもらいました。

続きを読む 0 コメント

【千葉県公立高校入試情報】過去問演習のお供に


県立入試が近づいてきて過去問演習に取り組んでいる頃だと思います。

 

 

「塾をやめる学校」に「千葉県公立高校入試 過去問演習アイテム」をまとめた記事を書きました。

 

過去問演習しながら自分で分析するときに、かまなび生にもやってもらっています。

 

参考にしてみて下さい。

塾をやめる学校

続きを読む 0 コメント

【塾をやめる学校】のアンケートにご協力ください。


以前作った「塾に通わず高校受験」のサイトのタイトルを変更することにしました。

続きを読む 0 コメント

【続編】私立入試問題の選択肢消去法の裏ワザ!


前回の続きです。今回は「選択肢を比較する裏ワザ」の紹介です。

 

前回の記事:私立高校入試問題の選択肢消去法裏ワザ10選!

 

ネタ元はコチラの書籍。

続きを読む 0 コメント

私立高校入試問題の選択肢消去法の裏ワザ10選!


続きを読む 0 コメント

面接ってどう評価されるのか考えた【千葉県公立高校受験情報】


平成30年度の千葉県公立高校入試の前期選抜で大きく変わったと思うのが、「面接の点数が明らかになったこと」です。

 

例えば、これまではA~Cの3段階評価などだったのが、面接は30点満点など点数が公表され、それを学力検査や調査書点と合計して順位付けするなど面接の前期選抜での取り扱いも明らかになったのです。

 

面接での評価方法も各高校で事前に公表されています。

 

例えば、2・3名の評価者が、各項目(態度・意欲など)ごとに点数をつけていきます。

 

このように面接での評価や点数が明らかになったのですが、実際のところ面接はどうやって点数をつけているのでしょうか。

 

受験生達は入試が近くなると面接の練習を熱心にやろうとするのでしょうけど、試験当日の受け答えでそんなに大幅に点数差がつくのかちょっと疑問があります。

 

「面接の点数は、調査書加点のような扱いではないか」というのが僕の仮説です。

 

つまり、調査書の記載項目の内容に比例して点数がつくのではないかということです。

 

具体的には、部活動実績(高校での部活継続の意思)、生徒会活動の有無など調査書で一般的に加点項目になっているような内容で評価されやすいのではないかという仮説です。

 

そもそも数分の面接で何がわかるのか疑問だからです。

 

公立入試の場合、集団面接になることが多いです。評価者の質問に同じような内容で答えることもあります。

 

典型的な良い子をみな演じるのが一般的です。本音で答えずに建前で答えるのです。このような面接でわかるのは、集団行動でふさわしい行動ができるかどうかぐらいじゃないでしょうか(あとは明らかな不良を審議対象とすることぐらい)。

 

ですから、ある程度の応答ができれば、みな同じような評価(点数)がつくと考えていいはずです。

 

だからほとんど合否には影響しない点数が全員に与えられます。

 

むしろ面接点での差が効いてくるのは合否ラインの受験生達です。学力検査と調査書では決まらないような合否ラインギリギリの受験生達です。

 

このような場合に面接点での差が効いてくるとすれば、やはり調査書加点になるような部活動実績(高校での部活継続の意思がある)、生徒会活動など中学校での客観的な活動の事実なんじゃないかと思うのです。

 

そう考えるようになったのは、八千代高校の集団討論の評価項目を見たときからです。

 

集団討論って試験当日の発言で評価されそうじゃないですか。ところが、その評価項目の1つに、「高校生活に対する意欲」というのがあるんですね。

 

これは「学習・部活動に意欲的に取り組もうとしているか」をみるとされているのですけど、これって「集団討論」と関係ないことじゃないですか。

 

意欲的に取り組もうとしているということって、討論するような事柄ではないですよ。

 

この項目をどうやって評価するかは、中学校生活での活動が書かれた調査書の内容から判断するんじゃないでしょうか。部活動実績や生徒会活動、検定の取得などのような客観的な事実に基づいて点数がつけられると考えた方が自然です。

 

集団討論ですら、調査書内容に比例した配点が意識されているのですから、面接であればなおのこと調査書の内容に比例した配点がされるのではないかというのが僕の推測です。

 

八千代高校HP

 

八千代高校レポート

 

そういう調査書内容に客観的な事実が足りない受験生は、前期選抜で高得点を取って逃げ切るか、面接点があらかじめ配点の少ないところを受験する。

 

そういう視点で、かまなびでの前期選抜まとめでは「入試一発度合い」を算出しています。

 

面接は当日の出来具合で左右することはあまりないと考えて、調査書内容に準じて扱っています。そういう視点で各高校の配点をもう一度眺めてみて下さい。

続きを読む 3 コメント

来年度の入試動向独り言【千葉県高校受験情報】


今年も総進図書の入試動向説明会に行ってきました。

 

今年倍率に変動がありそうな高校を教えてもらいました。

 

公表されている情報ではないので雰囲気だけお伝えしておきます。

 

今年人気になりそうな高校は、

 

2学区のY高校。体育科、家政科もあって、前期選抜で集団討論を採用している高校です。近年は高倍率になっていなかったのですが、今年は人気に火がついたようです。

 

3学区K高校も高倍率になりそうです。かまなびのある地元のK高校。かまタンもびっくりしています。

 

2学区のY園台や内申点が2倍になるF東高校が、今年は緩やかな倍率になりそうなのと関係しているのかもしれません。

 

3学区で注目しているのは、Kの葉高校とK中央高校です。

 

昨年もそうだったのですけど、Kの葉高校の方が偏差値ランクでは下になっているのですけど、今年も倍率が逆転しそうです。

 

Kの葉とK中央の難易度はかなり近づいてきているのかもしれません。

 

Kの葉は調査書加点が65点+面接30点分、K中央が調査書加点40点+面接5点ですから、入試一発度合いでいえばK中央の方が高いです。Kの葉で加点が期待できない場合には、前期選抜でK中央に回るのもありかもしれませんよ。

 

4学区は、N国際が久しぶりに高倍率になりそうです。

 

★関連記事★

3・4学区前期選抜まとめ

続きを読む 0 コメント

最短で現小6生が高校受験のときに一本化【千葉県公立高校受験情報】


続きを読む 0 コメント

東洋大牛久高校の英語【私立高校入試問題レポート】


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント