聖徳大学附属女子(私立高校レポート)聖徳祭に行ってきました。


スポンサー広告


雇われ塾長時代の教え子が文化祭のチケットをかまなびに届けてくれました。

 

聖徳大学附属女子高の「聖徳祭」のチケットです。

 

市川市(船橋寄りの)から自転車で行きましたが、学校があるのが松戸といっても市川からそんなに遠くないですね。教え子の子は八千代市から、東葉高速→新京成→北総線と乗り継いで通っています。鎌ケ谷からでも自転車でいけそうな距離です。

 

女の子が進む進路に充実した大学が併設していることがこの学校の特徴です。保育士など将来の目標が定まっている女の子にはオススメの学校かもしれません。

 

ただし、結構校則は厳しい学校みたいで、チケットがないと家族でも文化祭に入場できないのだとか。千葉県の女子高はどこも厳しいのですけれど。

 

生徒に聞いたところ、いつものお昼ごはんが大変みたいなんですね。

 

食事開始時間に食堂に全員集まるのですが、少しでも遅れてしまうと昼食が食べさせてもらえない。だから授業終了後はダッシュすることもしばしばなんだとか。

 

そんな前情報を聞かされていたのですが、みんな楽しそうに学園生活をエンジョイしているようでした。女子高の方がイベントは盛り上がるのかななんて思ったりして文化祭を見ていました。

 

教え子の所属しているダンス部の発表はとても盛り上がってましたよ。

ランニングマン!