八千代高校(第2学区・高校レポ)

2017年11月更新


★特徴★

 体育科・家政科もある総合的な高校。ただその分、普通科の枠が狭く、駅からも近いので高倍率になりやすい(H26年は1クラス増設で難易度は落ち着いた)。

 学校行事は体育科や家政科もあるので盛り上がる。部活動は、体育科もあるためサッカー部をはじめ全般的に盛ん。胡組など特徴的な部活動もある。

★前期選抜について★

普通科の期待する生徒像:知・徳・体を鍛える学習に取り組むと同時に、特別活動にも意欲的に取り組み、社会のリーダーとなる意欲にあふれるもの


715点満点で順位付け!

学力検査 調査書 調査書加点 集団討論
500点 135点 40点  40点 
  2分1圧縮型から変更 生徒会、部活動(部長、県大会以上の実績)、各種検定、クラブチームでの活動など 受検者6~7名で出題されたテーマで集団討論する

 

 平成30年度入試から内申を圧縮する「内申軽視型」の入試制度から通常の内申点に変更。中学での活動を総合的に評価する選抜となった。

★2日目の検査★→集団討論

2017年度入試の例

「AIは私たちの生活に必要か」について、6~7人で10分~15分討論する。

検査官は見ているだけで進行など全て受験生が行う。

 

【集団討論の評価項目】

●高校生活に関する意欲:学習・部活動に意欲的に取り組もうとしている

●関心・態度:積極性とテーマに沿った意見が言える

●思考・表現:テーマに関してよく思考し、表現している

●知識・理解:テーマに関して知識が豊かで理解力がある

 

※評価項目中の【高校生活に関する意欲・態度】は集団討論にあまり関係しない項目なので、調査書加点項目の延長で事前に調査書などで判断されているのかもしれない。

★倍率など★

年度 前期 後期
平成23年度  2.45倍  1.59倍
平成24年度 3.32倍 2.12倍
平成25年度 3.10倍 2.13倍
平成26年度 2.54倍 1.69倍
平成27年度 2.27倍 1.56倍

平成28年度

2.69倍 1.79倍
平成29年度 2.26倍 1.64倍

★目標点目安★

前期:370点~390点

後期:385点~395点

★目標内申★

オール4以上

★後期ダウン受験パターン★

★前期・後期入試動向

 →後期に受験者が大幅に減る傾向

★前期アップ受験パターン★

★私立併願について

日大習志野・専修大松戸・芝浦工大柏が合格できるレベルにあると、学力面で上位合格が期待でき前期突破がみえてくる。そういう目安として1月中旬に1校セレクトしてもいいかもしれない。不合格の場合は、国数英の3科目では上記合格は厳しい位置にあると考え、前期入試では理社を強化してカバーしていく。そんな受験ペース作りに上位私立校受験を位置付けたい。 

★行事など★

行事など

時期

メモ

 

 

文化祭:八千代祭

9月中旬

2015年は9月12日(土)に実施

学期

3学期制

 

学校説明会

8

 

学校見学

2学期以降

学校説明会・1日体験入学に来られなかった中学生で学校見学を希望される方に毎週金曜日16時5分より学校見学会を実施しています(12月上旬まで)。

 

★2015年 家政科ファッションショー★
日 時:平成26年10月30日(金)
 会 場:八千代高校体育館
内 容:本校家政科の生徒が作成した被服・ドレス等の発表会

※家政科希望者で観覧を希望する方はFAX送付票にて連絡必要。


★アクセス★→京成本線「勝田台駅」から徒歩約5分と好立地!

★高校HP★

★八千代高校の情報を募集しています!下記フォーマットからコメントとして書き込むことができます。★

 

高校レポートでは、各校の最新情報を募集しています。中学生たちは高校に関しての情報が少なく、高校ごとの違いがわからず悩むことが多いと日々感じています。ですから、現在高校に通われている方、卒業生の方、受験者の方、保護者の方々の生の情報を持ち寄って、悩める中学生達をフォローしてあげて下さい。

メモ: * は入力必須項目です

★高校レポートリンク★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    神山愛理 (月曜日, 26 3月 2018 14:34)

    私は美術部なのですが、内申点にはどのようなことが
    八千代高校では加点されますか?
    内申点の加点について詳しく知りたいです

  • #2

    かまなび (月曜日, 26 3月 2018 21:09)

    八千代高校に限らず一般的な話ですが

    ●高校が力を入れている部活動に中学時代所属し県大会以上の実績がある(文化系の場合は県大会以上の規模のコンクールなど)

    ●高校の部活動に中学のうちに参加したか(中学校の顧問の先生経由などで参加できる場合があるそうです)

    これらの事情があると大幅に加点してくれる高校が多いです。

    ただ自分の努力だけではどうにもならないこともあると思いますから、やはり入試でに得点力をつけるのが一番近道だと思います。今年のように300点くらいの平均点の高いテストであれば前期で420点以上取れれば調査書の加点があまり期待できない場合でも受かるはずです。

    また、後期選抜では調査書の加点はありませんから、内申+得点勝負です。調査書の加点が期待できず、チャレンジ受験である場合は、後期で合格できるよう準備しましょう。今年はおそらく400点以上取れれば受かっているのではないかと思いますよ。

    応援してます!