高校は実際に行ってみた方がいい


スポンサーリンク

高校見学にあまり行かない子がいます。

 

理由は「たぶんその高校を受験しないから」

 

しかし、比較にする基準は多い方がいいはずです。

 

8月から説明会に参加しますけど、それまでにいくつか見に行ってなければ比較のしようがないじゃないですか。

 

あそこの学校より通いやすい、設備はこっちがよさそう、難易度はコチラなど、雰囲気はこっちが良かったといけばいくだけ比較ができます。

 

入試の直前になると、倍率などがわかりますから、どこに願書出すかというときにも、見に行った学校が多ければ変更しやすいです。行ったこともない高校に志望校をいきなりチェンジすることはなかなかできません。

 

実際に行ってみて良かったという直感って大事ですよ。

 

今年の受験でも生徒が「○○高校は暗い雰囲気だった」と夏の時点で言っていたところ、その年の倍率はかなり低くなっていました。やはりみんな感じるものは一緒なのでしょう。

 

HPや雑誌などから得られる情報って一部分です。実際に行ってみた感覚の方が大事だと思います。3年間も通うんですから。塾みたいに途中で辞めるわけにはいきませんし。

スポンサーリンク