鎌ヶ谷高校作文対策(県千葉作文対策活用例2)


(前回の続き)

他の年度の鎌ヶ谷高校の出題にも県千葉作文対策は対応できます。

 

 

2011鎌ケ谷高校「自分にとって一番大切なもの」

>>私にとって一番大切なものは、「学ぶこと」です。 ということにして、社会貢献とつなげて書きます。

 

顕著な部活動実績などあれば、それを書いても構いませんけど、そうでないなら「学ぶことに」ついて書く方がいいでしょう。子どもの仕事は学ぶことでもありますから。

 

「学び」に関して書いておいてほしいのはこちらの3題です。

 

 

●これまでに学習したり見聞を広めてきた中で,周囲の人や社会に貢献できる生き方として影響を受けたことを1つ取り上げ,それを自分の将来にどのようにいかしていくか,考えを書け(21年県立千葉)

 

●あなたにとって「学ぶ」という行為にはどのような意味がありますか。あなたの体験を必ず入れて500字以上600字以内であなたの考えを記述しなさい。ただし体験には「直接体験したこと」「読書を通じて知った具体的な内容」または「映画やドラマで見た内容」等の間接的な体験も含めます。(翔陽高校) 

 

●中学校の5教科を通して、自分からもっと学ぼうとした学習体験を、その動機となったことがらを中心に書きなさい。また、意欲的に学習するためには何をしたらよいと思いますか。2つ書きなさい。(東久留米高校)

 

 

 

2014鎌ケ谷高校「力をくれた言葉」

>>私に力をくれた言葉は、「ありがとう」です。この言葉をもらったとき、「人の役に立った」ことを実感できました。という流れで「社会貢献」につなげていきます。

参考出題はこれです。

●あなたがこれまでに『人の役にたった』という経験の具体例とそこから学んだことをまとめ、さらに高校でどのように生かしていくかについて書きなさい。(淵江高校)

 


スポンサーリンク

 

こうして眺めてみると社会貢献と学びについて書いた県千葉作文対策の過去問、類題を書いておけば、今後の出題も対応できると思います。

 

しかも県千葉の過去問や類題をテーマに作文練習して鎌ヶ谷高校を受験するということはあまり考えられませんよね。だから、キラリと光るA評価の作文になるのではないでしょうか。このブログを読んでいて、なおかつ事前に答案作成しておいた受験生だけでしょうから。

 

今回鎌ヶ谷高校を題材に進めてきましたが、他の高校の作文でも県千葉作文対策が有効になると思います。しかも、自分の受験する学校の作文テーマが書きづらければ書きづらいほど県千葉対策の練習が有効になります。是非とも活用してみてください。

 



スポンサーリンク