千葉県公立入試国語の練習には、岐阜県公立入試過去問はどうでしょう(1)


さて前回の続きです。


千葉県の国語における読解問題の特徴は、□に適する語句・文章を入れる問題が多いことです。


たくさん出題されていまして、2年間でこんなに出題されています。

26年・千葉(前期)

26年・千葉(後期)

26年・千葉(後期)

25年・千葉(前期)
25年・千葉(前期)
25年・千葉(後期)

このタイプの出題では、問いの文章をヒントに、本文から該当箇所を探す作業が必要になってきます。


ヒントが多いので、それほど難しくはありませんので、速く探す練習が必要になります。


ところで、千葉県の国語で得点が伸びない理由としては、「時間が足りないから」というのがほとんどだろうと思います。


したがって、最終的に「国語はスピード勝負」になってきますよ。今回取り上げたような□を埋める問題は、特に速く解けるようにしたいですね。


そして、このタイプの問題の練習に、岐阜県の過去問が有効になってきます。岐阜県では、物語文の読解で、この出題形式がとられているようです。

26年・岐阜県
24年・岐阜県