独学で中3範囲を一気に学べるオススメ教材


スポンサーリンク

昨日は映像授業でしたが、今日は問題集を使って独学で中3の単元を追い込む教材をまとめてみます。

 

まずは中3理科です。

 

天体やイオンがわかりやすくまとめられていて、問題演習も十分にあるのは「ひとりで学べる理科」です。

 

中2の「ひとりで学べる理科」は若干難しく、学校でのやり方と異なったりしてうまくできない子がでてきてしまいますけど、中3の理科はおそらく大丈夫だと思います。心配なところは、音声の講義もダウンロードして聞くことができます。

朝日学生新聞社HP

 

 

続いて公民です。

歴史で点数が伸びない場合には公民で稼ぎたいですね。公民なら知識とその具体例をイメージできれば得点を稼げる分野です。

 

オススメは「実力メキメキ 合格ノート 中学公民」です。

講義形式でイメージをつけていき、よく問われるところのトレーニングがふんだんに取り入れられています。得点力をつけるならこの1冊が抜けていますね。

 

講義形式の説明でイメージをつかめ

よく出るパターンはトレーニングが豊富

 

 

お次は数学です。これも講義形式の方がいいですね。というわけで「語りかける中学数学」です。

辞書みたいに分厚いですけど、その分だけていねいに説明してくれます。学校での説明が省かれたところをこれで埋めていくといいでしょう。

語りかける中学数学の著者は動画での講義にした問題集も出版しています。読むのは苦手という人はそちらを選んでみてもよいでしょう。

 

最後は英語。これは『中学英語をひとうひとつわかりやすく」です。問題演習はヒントが多くて簡単ですけど、完全英作という形で問題演習するところまでやればかなり力はつけることができます。かまなびの生徒も英作テストばかりやらされるので、英語が苦手でもだんだんと英文が作れるようになりました。苦手な子はこのレベルをまず定着させましょう。英作テストのリクエストあればブログに貼り付けますのでリクエストしてください。今回は関係代名詞のテストを貼り付けておきます。

↓英作テストで練習しましょう。

ダウンロード
関係代名詞ランダムテストfromひとつひとつわかりやすく
関係代名詞.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 142.3 KB

英語はかまなびのオリジナル教材もありますよ。

「千葉県公立高校入試対策 英文法時期別トレーニング」など。

スポンサーリンク