千葉県公立高校・専門学科・食べ物系まとめ(調理、食品)


スポンサーリンク

千葉女子 家政科

食物・被服・保育に関する幅広い知識や技術を学ぶ。

 

1・2年は基礎を重視、3年になると選択科目を目標進路に合わせて学習。

 

大学進学希望も多いため、大学進学に対応できるカリキュラムになっている。

 

資格:日商PC検定、家庭科技術検定など

 

千葉女子HP

前期選抜倍率(H28から100%)
H27 1.44倍
H28 1.23倍 

※適性検査あり:なみ縫い、まつり縫いなど(30分60点満点)


佐倉東 調理国際科

厚生労働省認定の調理師養成施設で、調理(西洋料理、中国料理、日本料理)、栄養、食品、食品衛生、公衆衛生、食文化などを専門的に学びます。

 

資格:調理師免許、家庭科調理技術検定1~4級

 

アクセス:京成佐倉、JR佐倉駅より徒歩20分

 

佐倉東HP

前期選抜倍率(H28から100%)
H27 1.91倍
H28 1.60倍 

※口頭による自己表現(2分以内)あり(50点満点)


清水 食品科学科

食に関わる「栽培」「製造」「食品分析」「微生物」「流通」「情報処理」について学びます。3年次に「栄養・分析コース」と「生産・流通コース」に分かれる。

 

アクセス:東武アーバンパークライン「清水公園駅」徒歩5分

 

清水高校HP

前期選抜倍率(H28から100%)
H27 1.37倍
H28 1.13倍 

※「ものづくり適性検査」あり(120点満点)


八千代 家政科

食物、被服の科目を専門的に学ぶ。また、家庭クラブ員となって実践的な活動を行っている。

 

進路:卒業後は、栄養士などの専門職を目指して短大・大学・専門学校へ進学する生徒が多い。

 

資格:食物調理技術検定1~3級、被服製作技術検定1~3級

 

アクセス:京成・東葉高速「勝田台」から5分

 

八千代高校HP

前期選抜倍率(H28から100%)
H27 1.72倍
H28 1.30倍 

※「適性検査(はさみを使った約5分間の検査)」あり(A~C判定。)


流山 生活科学科

1年次に農業基礎、2年次に食品加工の基礎、3年次よりフードデザインなどの科目を学ぶ。

 

アクセス:東部アーバンパークライン「初石駅」より徒歩8分

 

流山高校HP

前期選抜倍率(H28から100%)
H27 1.84倍
H28 1.05倍 

 


まとめ

調理師なら「佐倉東高校」、

 

家政系の科目を幅広く学んで大卒で栄養士などの資格を取るなら「八千代高校」「千葉女子高校」、

 

農業から食品に関することを学ぶのが「清水高校」「流山高校」

 

そんなイメージだと思います。

 

入試の倍率は、28年度から前期選抜が100%募集になったので緩やかになりました。

スポンサーリンク