2015鎌ケ谷市議選、再度まとめ

スポンサーリンク

統一地方選も後半に入り、鎌ヶ谷市も市議会議員選挙の事前運動の渦中にあります。

小学生の頃はうるさくて近所迷惑だなあと思っていた選挙カー。

 

戸別訪問が禁止されているから仕方ないとはいえ、どうして選挙カーなるものが必要なのか。

 

それは皆が政治に関心を持っていないからでしょうね。

 

選挙前ともなれば、誰とも無く候補者を探し、政策を聞き、数ある候補者の中から清き1票を誰に投じるか熟考する。

そういう人が多ければ、集会所なんかでできるんでしょうけど、そんな人はみたことがない。

 

自分の周りの同年代(20代)に聞いてみたら、

自分で考えて投票しているのが1人

親の影響を受けて投票しているのが1人

親に連れて行かれて投票しているのが1人

 

投票にいかないのが5人

選挙があったことを知らないのが1人

選挙の意味を知らないのが1人

 

自分も市議会には興味なかったけれども独立してから税金が家計にのしかかってくるので、使い道については考えざるを得ない。

 

鎌ヶ谷暮らしは2年目に突入したけれども、不便なところが様々ある。

言ってしまえばキリがないが、特に交通インフラが壊滅的。

陸の孤島とはまさにこういうことをいうのかもしれない。

 

東京・成田方面は北総線の運賃

道路は中途半端な工事で迂回路の大渋滞…

 

個人の力じゃどうにもならないことを

税金使ってきっちり仕上げるのが政治家の仕事では?

 

そんな不満もありつつちょうどいいタイミングで選挙があるので、立候補者が何をやりたいのかちゃんと見てみよう。

 

とはいったものの、そもそも何人立候補しているのか。

ポスターだけみれば29人…

誰がどんな政策を持っているのか、できる限りまとめてみました(調べてもわからなかった方もいましたので、調べることができた範囲で)。


★ダウンロードはこちら

↓ 

ダウンロード
市議会立候補者.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 372.0 KB
スポンサーリンク