★国語学習★

数研出版『読解トレーニング 基礎編』


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

国語のあたりまえ→授業よりも、基礎訓練を!


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

外山滋比古「読みの整理学」


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

2016年 千葉県公立前期入試を解いてみた 国語


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

普段から語彙力の強化を。


スポンサー広告

続きを読む 0 コメント

『本当の国語力』をつけたくないか?塾よサラバ!


続きを読む 0 コメント

【千葉県公立入試・国語】近年漢字の難易度が上がっているので要注意


今日から少しずつ千葉県の公立入試の出題について書いていきたいと思います。

 

最初は漢字です。

 

平成27年度の出題では、漢字の正答率がやや低めでした。50%以下の正答率だった漢字は以下の通りでした。

 

前期

「琴線」の読み…正答率44.2%

「進捗」の読み…正答率21.6%

「熟達」の書き…正答率49.9%

「風物詩」の書き…正答率39.3%

 

後期

「精算」の書き…正答率46%

「大器晩成」の書き…42.3%

 



他の年度で正答率が50%以下のものは・・・


「折衷」の読み…45.5%(23年後期)

「救急」の書き…47.6%(23年後期)

「朗らか」の書き…46.4%(23年後期)

「粉骨」の書き…50%(23年後期)

 

「批准」の読み…46.8%(23年前期)

「承る」の書き…42.6%(23年前期)

「一朝一夕」の書き…28.9%(23年前期)

 

「散策」の書き…38.6%(24年後期)

「勇んで」の書き…41.4%(24年後期)

「遵守」の読み…23.6%(24年後期)

「廃れる」の読み…48.5%(24年後期)

「委嘱」の読み…32.6%(24年後期)

 

「針小棒大」の書き…30.3%(24年前期)

「裁ちばさみ」の書き…31.8%(24年前期)

「復旧」の読み…41.7%(24年前期)

「秀逸」の読み…39.4%(24年前期)

 

「刷新」の書き…22.5%(25年後期)

「公明正大」の書き…9.1%(25年後期)

 

「有頂天」の書き…19.8%(25年前期)

 

「慶弔」の読み…19.2%(26年前期)

「集大成」の書き…31.4%(26年前期)

「展望」の書き…45.2%(26年後期)

続きを読む 0 コメント

千葉県公立入試国語の練習には、岐阜県公立入試過去問はどうでしょう(3)


スポンサーリンク
続きを読む 0 コメント

千葉県公立入試国語の出題形式と似ている県を発見しました!


さて私立入試も落ち着いた頃で、多くの人が公立入試へ向けて頑張っているところだと思います。そうすると、「過去問全部やり終わってしまった」ということもあるでしょう。


そういうときに困るのが国語ではないでしょうか。


千葉県入試の国語は、昔のものとは出題形式が変わってきています。古い過去問を買うのはちょっとオススメできません。


なので旺文社の全国過去問をオススメしているのですけど、分厚いですしこれからやりきるのは非常に難しい。


とそんなことを考えながら、全国過去問を眺めていたら、「あれ?この県、千葉県の国語と出題形式が似ている!」という県を発見しました。


それは、岐阜県です。


どう似ているのかというのを少しずつ紹介していきますが、ここで岐阜県の難易度もみておきましょう。


続きを読む 0 コメント

【高校入試・文学的文章・物語文読解】スーパー作家に注目!(スパさか)

9月そっくりVもぎの文学的文章(物語文)の読解では、まはら三桃さんの『伝説のエンドーくん』が出典になっていました。

続きを読む 0 コメント

模擬試験や実力テストの答案用紙から推測できること(5)


今回は国語の模試の答案です。

 

読解問題はよくできています。読解力はある方です。

 

ただ、細かいところでで得点が取れておらず伸び悩みがみられます。

 

たとえば、

「作文の書き方での減点があること(1マス開けていない)」

「国文法が空欄」「漢字で失点」

などです。


千葉県の国語はバランス型の出題です。読解だけ強くても点数は伸びません。しかし、裏を返せば弱点は出にくい科目とも言えます。

続きを読む 0 コメント

高校入試に向けた国語学習の指示を下さい


英語と数学は上げにくい科目なので、国理社をなんとかしないといけないのが夏休みです。

英数と違って、これら3科目は単元ごとに入試レベルまで持っていきやすい科目です。

科目ごとに書いていきます。

今回は国語。

以前のブログで、千葉県の国語はバランス型の出題だと言いました。

これは裏を返せば、弱点が露呈しづらいということです。

例えば、読解が苦手でも、聞き取り、作文、語句の知識、古典などでカバーできます。ですので、かまなび生も、できるだけバランス良く勉強しています。
続きを読む

千葉県高校入試×説明的文章×後期入試×最近の動向

1問 でっかく 問われる 記述式

後期入試では、問題数が少ない関係で「1問ででかく」問われます。

 

説明的文章では、以下のように、40字~70字の記述で問われる代表的な問題はこのパターン。

続きを読む 0 コメント

千葉県高校入試×説明的文章×前期入試×最近の動向

論理展開、文章の構成に関する出題が前期入試で続けて出されています。
平成24年前期入試より
続きを読む 0 コメント

千葉県入試の国語の出題はバランス型です!


千葉県入試の国語の出題はバランスよく出題されます。

 

このことは配点表をみてもらうとよくわかります。他県と比べると、聞き取りから作文までまんべんなく出題されています。

 

配点表で確認できます。

続きを読む 0 コメント

速報!全国高校入試国語の出展

旺文社から「2015全国高校入試問題正解」が発売されました。

 

かまなびの小倉は、全国高校入試国語ブログhttp://blog.livedoor.jp/zenkoku_kokugo/

 

も運営しているのでデータ整理を本日行いました。

 

今回はどこよりも速い速報版でお伝えします。

高校入試文学的文章で近年急上昇中の作家

続きを読む 0 コメント

文学的文章の読解がはじまりました!第1回目は、あさのあつこ「おまもり」


全国学力調査や実力テストが終わってちょっとひといきついた「かまなび生達」。

 

いつも一人一人違った「課題」をひとつずつクリアしているのですが、今日は気分転換も兼ねて「文学的文章の読解」をみんなでやってみました。

 

「文学的文章」など現代文の読解であれば、学年関係なく進めることができるのがいいです。しかもいきなり入試問題に入っていけちゃいます。

 

 まだ始まったばかりなので、できるだけ親しみやすく、面白い内容で、語彙力もあまり問われないものをセレクトしました。

 

 2013年三重県、広島県で出題された、あさのあつこさん「おまもり」です。

 

 そして、読む際には以下の「文学的文章の読解の基本動作」を行ってもらいました。

 

重要な登場人物に○をつけてみよう

       >>重要な人物かどうかは、問題文でチェック

 

★重要な登場人物の「心情を表す表現」に波線を引いてみよう

        >>動作やセリフにとくに注意

 

場面が変わるときは「線でぶったぎって」みよう

        >>自分でCMを入れる感じで

 

舞台設定に注目して線を引いてみよう

     >>江戸時代とか昔の設定が、千葉県では頻出。冒頭や注釈に書かれていることも多い。

続きを読む 2 コメント

全身を使えば脳は活性化!?←四字熟語かるた対決!


勉強は「身体も使って楽しく学ぶ」をモットーにやっている「かまなび」です。

続きを読む 0 コメント