Q定員はありますか。

座席の関係で定員はあります。特定の曜日と時間帯が入れなくなることもあります。

Qただ自習対応するだけの塾ですか。

 授業をやらずに学習した方が成績を上げやすいので、かまなびでは授業は行っておりません。したがって、毎月の月謝も、授業料ではなく、会費制になっております。「授業を受けたい」という方は授業中心の塾を探してください。

 かまなびは「入試問題や定期テストの過去問」「入試制度」などから「何をどう進めるのか」の指示を出すことに関して自信があります。的確な学習指示を受けながら学習したいという生徒にかまなびは向いています。その学習を進める上で、質問対応と声かけをスタッフが行っています。

Q個別指導ですか。

 かまなびは、個別指導でも集団指導でもない、生徒の成績を全体的に上げる塾です。

 「タイムリミットがある状況で」どれをどの程度やれば全体的な成績を上げることができるかを考えて進めていきます。

 したがって、塾に入る前より「総合順位が上げたい」「総合偏差値を上げたい」という方に適しています。

 もちろん、「わからないところ」の解説や質問は受け付けます。スタッフは、学習中に歩き回り生徒に声をかけながら学習を進めています。

 ただ「全ての問題を解説して欲しい」という完璧指導を求める方は、かまなびには向きません。そのような方は、家庭教師や個別指導塾を探してください。

 かまなびは、生徒のレベルに応じて柔軟に対応する塾です。この点では、個別指導ではありませんが、個別対応する塾です。

 たとえば、数学で70点以上取るのはテストまでのタイムリミットがある中では非常に難しくなる場合があります。

 そういう場合に、かまなびでは、数学の残りの30点分の解説に時間をかけるのではなく、他科目の得点を上げることに比重をかけていきます。

 授業中心の個別指導塾では、このような柔軟な対応をすることは非常に難しくなります。なぜなら、一般的な個別指導塾では、「特定の科目を、その曜日、その時間に受講するために授業を売っている」からです。担当する講師も、その指導科目についての責任を負っているだけなので、柔軟に対応してくれるわけではありません。


続きは、過去ブログなどで関連記事を参照して下さい。

●個別対応してくれない個別指導塾がある?

●個別指導時代の終焉

●個別指導ですか集団授業ですか?

Q宿題は出ますか。

出ます。自宅で一人でもできるものを出しています。どうしても自宅学習できない場合には、毎日通うことをお勧めしています。料金は完全定額制なので通塾回数を増やすことも簡単にできます。

Q教材は何を使いますか。

 基本的には、学校の教科書、学校のワークなどを用いて進めていきます。したがって、これらを持参してもらうことになります。その中で補助教材が必要だと判断した場合には、教材をお渡ししています。

 また、高校受験の学習には受験専用の教材が必要になってきまので、市販教材・塾専用教材・オリジナル教材を配布して学習を進めています。

 なお、教材費は月会費に含まれています。

Q学習開始時間に間に合いませんが大丈夫でしょうか。

授業を行っているわけではないので、開始時間に間に合わなくても大丈夫です。反対に、早く来ることができるときは早い時間から学習を始めることもできます。その分だけ早く帰宅できるので生徒からは好評です。

Q私立高校志望でも入ることはできますか。

入会することはできます。しかし、公立高校志望に向けたカリキュラム・教材で進めているので、公立高校受験で一番力を発揮できる塾になっています。

Q学習環境はどのような状況ですか。

 授業中心ではない塾なので、学習スタート時間が2学期以降はバラバラになっています。そのため、多少ざわつくことがあります。

 図書館のようなとても静かな学習状況をお望みの場合には、申し訳ありませんがお断りしております。

Q私立中生は入会できますか。

 現在募集しておりません。

Q模擬試験など塾のテストはありますか。

 小学生・中学1年生・2年生は1月上旬に模擬試験(塾内テスト)を実施します。中学3年生6月から高校受験用の会場テストを受験してもらいます。費用は月謝に含まれています。

 それ以外の時期に受検する場合には、塾で申込をすることはできますが、自己負担でお願いしています。また、英検などの検定の申込は塾ではできません。書店や学校などで申し込みをお願いします。

Q月途中での入会はどうなりますか。

月途中の入会でも日割り計算は行っておりません。月末に入会する場合には無料の体験制度を利用して学習も行うことができますので個別にご相談下さい。